市川市で家族葬をお考えの方へ情報をお伝えします

市川市で葬儀を執り行う場合、選ばれることがよくある形式が4つあるといいます。まず、直葬です。直葬は亡くなった場所からそのまま火葬場へご遺体を搬送して火葬し、後日改めて葬儀を執り行うという形式です。家が遠方だったり、社葬を執り行う予定などの場合に選ばれることがあります。一日葬は亡くなった翌日にお通夜や葬儀を行うことができない場合に、少し間をあけてお葬式を執り行う形式です。一日で葬儀を終わらせてしまうので、ワンデーセレモニーと呼ばれることもあります。一般葬は昔から執り行われてきた形式で、参列したこともある人が多い葬儀といえます。たくさんの人に故人を見送ってもらうことができるということで選ばれることが多かった形式です。現在でもこの形式を選択する遺族も多いです。

故人の思い出話もゆっくりとできるのがいい

市川市の葬儀でも最近は家族葬を執り行うことが増えてきているといいます。家族葬は、家族や親族、ごく親しい人だけで執り行う形式のことで、ゆっくりと故人を見送りたいという遺族の希望をかなえることができるように葬儀会社が発案したものだといわれています。家族や親族だけが参列する葬儀なので、ほかの形式のように遺族が参列者に気を使う必要もなく、故人の思い出話などをする時間も持つことができるのがいいということで選ばれるようになってきています。市川市の葬儀会社以外でもこの形式を取り入れているところは多く、この形式のみを執り行うことができる葬儀会場なども最近はあるといいます。一般葬と同じ流れで行われるので、一般葬の縮小版だと考えるとわかりやすいかもしれないです。

参列できなかった方への配慮も大切

家族葬は、家族や親族とごく親しい人だけで行う葬儀なので、遺族はゆっくりと過ごすことができるのがいいということで最近はよく選ばれることが多いです。ですが、この形式を選ぶときには注意をしなければいけないことがあることを覚えておく必要があります。家族以外の参列できない人達への配慮です。会社関係の方やご近所の方には、あらかじめ家族のみの葬儀を行うということ通知しておき、お焼香やお香典、お供物の一切を辞退させていただきたい旨も伝えておくようにするといいです。故人が社会的に人脈を多く持っている人であったり、人に親しまれるような人だった場合、この形式ですませてしまうと、葬儀の後で自宅に参列できなかった方たちが訪問されることがあります。なので、そういった社会的な立場や背景も考慮しながら参列者の範囲を決めるようにしておかなければいけないです。

当社は昭和38年9月に設立致しました。 返礼品に関しましては質に拘りながら様々な品物をご用意させて頂いております。 当社はスタッフ全員の熱い気持ちと思いがお客様のアフターケアに繋がっています。 最初から最後まで同じスタッフが担当し、しっかりサポートさせて頂きます。 お客様の気持ちに寄り添いながらも心が温まるような素敵な時間を提供致します。 市川市での家族葬お困りの方はこちら