いざというときに困らない市川市で家族葬をするステップ

首都圏有数のベッドタウン市川市でも、年々、家族葬という葬儀の形が増えています。マンション住まいの核家族世帯が多く、隣近所との付き合いが希薄なことや、エレベーターで棺を運ぶ困難さもあって、故人を病院から葬儀場へ搬送というケースが多いことも理由の一つです。家族と親類縁者以外は、故人が特に親しくしていた友人など、ごく限られた参列者で執り行われる葬儀スタイルですが、参列する人数や形式によって費用が変わってきます。また、大まかに分けて3つのプランに分かれていますので、それらの選択も必要となります。事前に葬儀について考えておくのは縁起が悪いという考えかたもありますが、いざというときに困らないためにも、一通りの知識を得ておくことは、むしろ必要なことと考えられます。

3つのプランからの選択と参列人数で変わる費用

たいていの葬儀社が用意している家族葬プランは、大まかに分類して、形式の違う3つの種類があります。市川市の各葬儀場においても、このプランの違いと、参列する人数の違いとで、かかる費用が大きく変わってきます。まず、家族と親類縁者のみの参列ではあるものの、普通の葬儀と同じく2日間かけて、お通夜と告別式を行うプランがあります。祭壇のタイプや、参列する人数の数で費用に違いが出てきます。次が、お通夜を行わない「一日葬」というプランです。ワンデーセレモニーとも呼ばれていて、通常2日間かける葬儀を、前日のお通夜を無くして告別式のみを執り行い、その当日のみで済ませます。3つめのプランが、「火葬式」というお通夜も告別式も行わない形式です。直葬とも呼ばれていて、火葬のみということで、費用がもっともかからない葬送スタイルとなります。

最良の選択のため、ある程度の心づもりは必要

市川市の大抵の葬儀場においても、お通夜も行う家族葬、告別式のみの一日葬、火葬のみの火葬式という3種類のプランが用意されています。各葬儀社ともプランごとの形式にはそれほどの違いはありませんが、参列する人数で費用が変わってきます。ことに、お通夜も行う形式は、葬儀場の規模や祭壇の種類などで価格に大きな幅がありますので、参列人数の把握とともに、ある程度、各葬儀社をリサーチしておくことも大切です。あらかじめ調べたりするのは良くないように思ってしまいますが、いざというとき動転して納得のいかない選択をしてしまい、後で悔いを残すようなことにならないためにも必要な準備です。万が一のときのため、家族である程度は話し合っておいたほうが、落ち着いて、最良の選択をすることができます。