市川市で家族葬をするときの注意点

葬儀の形式はいろいろなものがありますが、そのなかでも市川市で選ばれることが多い形式があります。大きく分けると4種類が選択されることが多いです。市川市以外でももちろんこの形式はよく選ばれることがあります。まず、直葬です。直葬は亡くなった場所からそのまま火葬場へ遺体を搬送して火葬してしまいます。後日改めてお葬式を行う予定である、という方などに選ばれることが多いです。社葬などを執り行うという場合にも選ばれることがあります。それから一日葬という形式もあるのですが、この形式は、葬儀を行うには日が悪い、というときに、少し間をあけてから執り行うことになった場合に選ばれることがあるといいます。そして、一般葬という形式のものは昔から執り行われてきた形式であり、参列したことがあるという人がもっとも多い形式です。

故人との最後の時間をゆっくりと過ごせる

直葬、一日葬、一般葬のほかにも、家族葬という形式があります。家族葬は家族や親族、ごく親しい人だけで行う葬儀のことです。親族以外の参列者がいないのでゆっくりと故人を見送ることができるということで選ばれることがあります。ごく親しい人たちだけで見送ることができるので、故人との思い出話などもできる時間を持つことができます。一般葬の縮小版と考えるとわかりやすいかもしれないです。流れは一般葬と同じで、お通夜、葬儀、火葬という風になるのですが、参列する人数が少ないというところが特徴だといえます。参列者が親族や親しい人だけなので、遺族が気をつかっておもてなしなどをする必要がないのがいい、ということで選ばれるときもあります。故人との最後の時間を静かに過ごすことができるのがいいです。

葬儀に参列しない方たちへの配慮が大切

家族葬は家族や親族とごく親しい人だけで行う葬儀なので、ほかに参列者の方に故人を見送ってもらうことができないことになります。そのことも考えて、家族以外の参列できない人達への配慮が必要になるのがこの形式で葬儀を行うときの注意点です。会社関係の方やご近所の方などにはあらかじめ家族のみで葬儀を行うことを伝えておくようにします。それから、お焼香やお香典、お供物の一切を辞退させてもらうということもきちんと伝えておくことが大切です。このことをしっかりと伝えておかないと、葬儀が終わってから弔問に来られたりする場合があるので、忘れずに必ず伝えるようにします。家族葬を行う時は故人の社会的な立場や背景も考えて、参列者の範囲を決めなければいけないということもあります。これは市川市でもほかの都道府県でも同じです。